カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
過去の日記
このページについて
サイト「波動注意報」と同じくオカルト系「波動」の有無の議論はしない。
「波動」は無い。
「波動」信奉者の方はこのページを閉じられた方が良いでしょう。
リンク
コメント
トラックバック
カテゴリー
OTHERS
K2もオカルト自体は好きです。 しかし、実証されて無く、証明しようともしないで、それを利用しているとする商売などは不愉快です。
オカルトの中には実際に学校教育の授業に使われていたりと社会的な危険を含んでる物もあります。
微力ながら注意を呼びかけていきたいと思っています。
同じような気持ちをお持ちの方はお手数をかけますがランキングアップでこのページの知名度を上げるためにも↓↓↓クリックをお願いします。
m(. _ .)m
ブログはここに集まる!
ブログランキング・にほんブログ村へ
週刊ブログランキング週間ブログランキング くつろぐ
人気ブログランキング
人気Blogランキングへ
科学の不思議が詰まってる!
科学技術番組 サイエンスチャンネル
「波動」に対して注意報を出します。
オカルト系「波動」反対サイト「波動注意報」へ

≪迷惑メール通報先≫
表示義務違反及び送信者偽装 情報受付メールアドレス
meiwaku@dekyo.or.jp

再送信禁止義務違反 情報受付メールアドレス
saisoushin-kinshi@nissankyo.jp
無料ブログ作成サービス JUGEM

星になれ! - 波動注意報 -

「波動注意報」管理者 K2 の日記。サブタイトルとしてこちらにも「波動注意報」と入れたが、「波動批判」に限らずいろんな話を書いてみようと思う。
<< 観ると食べたくなる | main | 8割が寝る >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ラバーで健康
asahi.com
『バイオラバー「がん治る」と販売 薬事法違反の恐れ』
高速水着素材の開発などで知られるゴム素材メーカー「山本化学工業」(本社・大阪市生野区)の製品「バイオラバー」を使った商品を販売している業者が、「がんが治る」などと効能をうたっていたことが朝日新聞の調べで分かった。バイオラバーは厚生労働相の承認を受けておらず、専門家によるとこうした販売行為は薬事法に違反する恐れがあるという。捜査当局も販売の実態を調べている。

記事の画像と同じ商品はこちらかな〜。

バイオコースター

出たな!
何度でも甦る不死身の「敷いたら味変わる」妖怪!!
何に対しても「まろやか」になれば良いというワケでもないだろうに。

では早速コースター実験を、と探すがめぼしいラバーが見つからない。
仕方ないので昔もらって今は記憶と押し入れの奥にしまい込んでる四十八手ハンカチをコースター代わりにするかと思って探したがこれも見つからない。

う〜ん、、、おっ、そうだ!
そう言えば川崎市のツチノコ祭で買った 珍満手ぬぐい があった!
ペプシ「あずき味」を置いてみる。
もちろん別の場所にも一本あって飲み比べる。



ラバーじゃないけど、Loverな愛の味に変貌しそうじゃないですか〜。
ちと生臭くなりそうな気もするけど。。。

ついでに冷蔵庫の奥で遺跡と化してたカピカピのカマンベール・チーズをつまみに出す。
オマケにHDDの奥で苔むしてた「SMAP×SMAP(8月31日放送)」の録画を観る。
ビストロSMAPのゲストは自称 超能リキ者のユリ・ゲラー。

20年以上前ならまだともかく最近になってもユリ・ゲラーの超能力、あるいはテレビのユリ・ゲラーの言葉に触発されて突如能力が開花しスプーンなどを曲げまくった家族がいたと言う知り合いの知り合いの話、などをそのまま超能力だと信じてる人を見かけると驚く。
まぁ、信じてる人は思いがけず多そうな気もするけど。
つーか、自分の家族内でも曲がったと言う話が出てたよなぁ〜、と当時を思い出して遠い目になったりもする。
その曲がったスプーンに床の色がこびりついてた! ってのは、超能リキ少年の話か。

なんつーか、ユリ・ゲラーのネタも化石のようだね。
こいつも何度でも甦る妖怪だ。

2本のペプシを飲み比べても珍満コースターの効果はさっぱりわからないが、「あずき味」は「シソ味」よりはずっと美味しい。
カピカピになってた遺跡並のカマンベール・チーズは足の裏臭かった。
| 波動 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |









http://k2-kxk.jugem.jp/trackback/303