カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
過去の日記
このページについて
サイト「波動注意報」と同じくオカルト系「波動」の有無の議論はしない。
「波動」は無い。
「波動」信奉者の方はこのページを閉じられた方が良いでしょう。
リンク
コメント
トラックバック
カテゴリー
OTHERS
K2もオカルト自体は好きです。 しかし、実証されて無く、証明しようともしないで、それを利用しているとする商売などは不愉快です。
オカルトの中には実際に学校教育の授業に使われていたりと社会的な危険を含んでる物もあります。
微力ながら注意を呼びかけていきたいと思っています。
同じような気持ちをお持ちの方はお手数をかけますがランキングアップでこのページの知名度を上げるためにも↓↓↓クリックをお願いします。
m(. _ .)m
ブログはここに集まる!
ブログランキング・にほんブログ村へ
週刊ブログランキング週間ブログランキング くつろぐ
人気ブログランキング
人気Blogランキングへ
科学の不思議が詰まってる!
科学技術番組 サイエンスチャンネル
「波動」に対して注意報を出します。
オカルト系「波動」反対サイト「波動注意報」へ

≪迷惑メール通報先≫
表示義務違反及び送信者偽装 情報受付メールアドレス
meiwaku@dekyo.or.jp

再送信禁止義務違反 情報受付メールアドレス
saisoushin-kinshi@nissankyo.jp
無料ブログ作成サービス JUGEM

星になれ! - 波動注意報 -

「波動注意報」管理者 K2 の日記。サブタイトルとしてこちらにも「波動注意報」と入れたが、「波動批判」に限らずいろんな話を書いてみようと思う。
<< ウチくる? | main | 真の姿 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イカ焼き
asahi.com
『 ダイオウイカの生きた姿をビデオ撮影 国立科学博物館 』
「欧米で「海の魔獣」と呼ばれるダイオウイカの生きた姿をビデオ撮影することに成功したと、国立科学博物館の窪寺恒己・動物第三研究室長が22日、発表した。小笠原諸島近海で、調査用の仕掛け針にかかったのを引き揚げた。これまで死体が海岸に打ち上げられた例などはあるが、生きた姿を撮影したのは世界で初めてとみられる。」


お〜〜、海の魔獣!
記憶には巨大なイカがクジラと格闘しているイラストのイメージが浮かぶ。
そういえば、去年あたりにイカの夜釣りが好きな知り合いに、
「時々やけに分厚いイカフライがあるが、あれはダイオウイカか?」
と聞かれたことがある。

知らん。

いや、ダイオウイカでは無い、、、ハズ。
(沖縄のコブシメ?じゃないよねぇ〜?う〜ん、、、コピー食品かも。)
記憶の中のイラストのイメージから考えるとそのイカフライがダイオウイカなら横幅を考慮した切り方では無く、縦の厚みを考慮した切り方をしたものになるだろう。
祭りの屋台でダイオウイカのイカ焼きなんか作ろうものなら隣の隣の屋台の鉄板まで足が伸びてるだろう。

なんて妄想しながら写真を見てみるとデカイことはデカイが、う〜ん、クジラと格闘はできそうにないなぁ。
でも、海中でこのイカに絡まれたら溺れるな。
目玉の大きさが14センチとはデカイなぁ。
さぞかしトンビもデカイのだろう。
(ダイオウイカ一夜干しのトンビをちょっと食べてみたい。一夜じゃ無理か。)

18メートルものダイオウイカもいるようだからそのクラスならクジラとも格闘できるのかもしれない。
祭りなら片側はイカ焼きの屋台だけ、ということになりそうだ。
| 科学 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:28 | - | - |









http://k2-kxk.jugem.jp/trackback/257
動物がすごい
日本の陸揚げ漁港 2002年度: 第1位 - 八戸漁港(青森県): 第2位 - 石巻漁港(宮城県): 第3位 - 羅臼漁港(北海道): 第4位 - 境漁港(鳥取県): 第5位 - 函館漁港(北海道)・紋甲イカ(モンゴイカ)と鮎・イカクサイ・ イカ・タコとイカ・体長2メートルの70セン
| 動物がすごい | 2007/06/12 12:34 PM |