カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
過去の日記
このページについて
サイト「波動注意報」と同じくオカルト系「波動」の有無の議論はしない。
「波動」は無い。
「波動」信奉者の方はこのページを閉じられた方が良いでしょう。
リンク
コメント
トラックバック
カテゴリー
OTHERS
K2もオカルト自体は好きです。 しかし、実証されて無く、証明しようともしないで、それを利用しているとする商売などは不愉快です。
オカルトの中には実際に学校教育の授業に使われていたりと社会的な危険を含んでる物もあります。
微力ながら注意を呼びかけていきたいと思っています。
同じような気持ちをお持ちの方はお手数をかけますがランキングアップでこのページの知名度を上げるためにも↓↓↓クリックをお願いします。
m(. _ .)m
ブログはここに集まる!
ブログランキング・にほんブログ村へ
週刊ブログランキング週間ブログランキング くつろぐ
人気ブログランキング
人気Blogランキングへ
科学の不思議が詰まってる!
科学技術番組 サイエンスチャンネル
「波動」に対して注意報を出します。
オカルト系「波動」反対サイト「波動注意報」へ

≪迷惑メール通報先≫
表示義務違反及び送信者偽装 情報受付メールアドレス
meiwaku@dekyo.or.jp

再送信禁止義務違反 情報受付メールアドレス
saisoushin-kinshi@nissankyo.jp
無料ブログ作成サービス JUGEM

星になれ! - 波動注意報 -

「波動注意報」管理者 K2 の日記。サブタイトルとしてこちらにも「波動注意報」と入れたが、「波動批判」に限らずいろんな話を書いてみようと思う。
<< ○丸焼き | main | 分類 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「宮城の恥」
食ったばかりなのにまた「たこ焼き(○丸焼き)食いてぇ〜〜。」と悶えていた時に、宮城県在住のOSATOさんから情報をいただきました。

『 怪しい水の笑える波動情報 』
「今私が住んでるのは宮城県なのですが、最近このような自動販売機に
巡り合いました。」


みちのく水素水1
(元画像)
(ありゃ?呼びだせんか。)

「見た途端「怪しい!」とピンと来まして、中を覗いてみました。
そうしたら案の定、このような張り紙が中の方に。」


みちのく水素水2
(元画像)

うは〜〜、なにやら凄いです。
目覚めているのに悪夢に陥りそうです。
これは!と思い、「金麗波極上パラダイス・ウォータァー」でお馴染み(?)の正夢研究所の所長に連絡を入れたところ、
「むっ!いかん!(何かが)負けそうだ!!」
と言っていた。

OSATOさんも書かれているが「ヒステリー +99」や「卵巣 +99」の意味、関係性がまったく理解不能だ。
え〜と、
「悲しみ」の場合「+99は悲しみが少ない」で「−99は悲しみが多い」ということかな?
波動測定器 LFA (生命活性測定器?)で計測した「みちのく水素水」の波動数値と被験者の悲しみ(感情)をどうやって計測して照らし合わせたのか非常に気になる。
自分の悲しみを−99〜+99段階で言い表せる人なのかもしれん!
(自己申告じゃそもそもダメだと思うが。)
それでいくなら「血液循環」だと「+99は血液循環が少ない」で「−99は血液循環が多い」のかなぁ。「+99」じゃダメじゃん。

「みちのく水素水」を飲んだら 悲しくは無いしインポテンツも無く気力も溢れていて血液循環は少ないくせに猛烈に何かが元気だが即、死?
ぐはっ。

「* 3日程汲み置いた水がもっともおいしく有効です。」
いつから3日なんだろうか。
この装置からの蛇口をひねった瞬間から順次水に波動が転写されていくのだろうか。それを「3日置け」とはどういう意味か。波動が熟成でもするのだろうか。味がなじむと美味くなる翌日のカレーかよ。
どこかから運んできた「みちのく水素水」を貯めておくようなタンクは無さそうだし水道水直結か?

『「塩素が抜けるとおいし〜い」で大評判』と書いてもらいたいものだ。

開発した会社を見ると「みちのく水素水」ではないが別商品で、
『子供が生まれる前から両親が飲んでおり、生まれて現在2歳半の子供は「体は小さいが重い(密度が違う)」「頭が非常に良い」』
などと体験談が出ている。
一般人の自分ではとても理解不能ですなぁ。
九州大学大学院工学研究院 化学工学部門が関わっている部分もあるようだなぁ。
科学とは凄いものです。
宮城県の方は「みちのく水素水」を見かけたら悪夢にうなされてください、じゃなくて微笑ましく記念写真などを撮ってお楽しみください。


(あ〜、このような笑撃的な物に出会ったOSATOさんがうらやましい。K2などは近所の一般スーパーで自分が販売を誘われた波動商品が地味ぃ〜に売られているのを見て、「ここにも注意報を出すのか!出すべきなのか!?」とウニュウニュ身悶えています。)
(OSATOさんは図書館などでの自然科学コーナーに置かれているニセ科学本の分類について注意連絡を入れる活動をされているとのことです。面白い情報をありがとうございました。)
| 波動 | 19:06 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:06 | - | - |
岡山の水素水自販機の情報を入れます
岡山県井原市にみちのく水素水と同じ販売機があります。こちらも数値など同じですから、悪夢にうなされてください。なお水が装置を通過して3日たったら熟成して一番水素の多い状態になります。まろやかになって美味しくなるので、容器は多めに準備して回転するといいですよ。岡山の販売機では体験ルーム癒しの空間があります。気軽に水素水を体験してください。
| hisayasu | 2007/02/12 10:32 PM |
■■■
情報ありがとうございます。
全国各地に設置されているのかもしれませんね。
まろやかで美味しい水なら波動なんて付けなくても良いと思うんですよね。
「水素水」なんて名称より「まろやか水」の方が美味しそうじゃないですか。
いや、それだと水槽内が苔っぽいイメージになるかなぁ、いやいや、それは「ぬるぬる水」か。
| K2 | 2007/02/12 11:55 PM |
う〜む、「みちのく水素水」というのは語感は中々と思っていたのだが、岡山では何と言ってるのだろう?
体験ルームで水素水を飲むとやっぱり「血液サラサラ」なんかな?
ま、ただの水道水を飲んでも同じなんだけどね(^^)。
| OSATO | 2007/02/13 11:17 PM |
■■■
一昨年岡山に立ち寄りましたが、う〜ん、「桃太郎の祭り水素水」?
そりゃ、駅弁だ。
| K2 | 2007/02/13 11:59 PM |
岡山です。こちらのネーミングは井原の水素水、(量子パワー水)ですよ。体験ルームでは、フィールド変換機AOI202とパワーハニカムをパワーアップしたボックスで癒しルームを作っています。血液さらさらはもちろんのこと、波動水としてのパワーを持たしているので、水のメンテナンスも出来ていてよく働きます。癒しルームでは焼きそば、コーヒー、ゆで卵・・などで水を体験できます。一番の人気はコーヒーとゆで卵です。この卵も鶏が水素水を飲んで出来ているのでとても美味しいですよ。この卵・・なぜか農林水産大臣賞をもらいました。これが水の力でしょうか。これは水道水とか地下水では出来ませんでした。ではまた・・・・
| hisayasu | 2007/04/28 10:10 PM |
■■■
hisayasuさん、コメントどうもありがとうございます。
K2 です。

その土地での呼びやすい呼称が付けられているみたいですね。

”血液サラサラ”は今となっては良いイメージは浮かびませんよね。
業者の方ならもう使わない方がよい単語に思います。
(何も知らない人には良いイメージかもしれませんが。Wikipediaなどで検索されるとご理解できると思います。)

農林水産大臣賞は、「還元水」発言で叩かれた松岡利勝農林水産大臣の賞でしょうか。(というのは冗談です。)
品質向上に意欲のある農家の方ならいろいろな飼育方法を試されているでしょうから卵の品質が水素水の性質に関係があるのか疑問は浮かびます。
わかりません。
「水素水」などの名称を使い、公正取引委員会から排除命令が出された他の一部業者とは違って効能が証明されているのでしょうか。
測定された数値の表記などイメージを煽るだけのモノとしか感じられないのですが。

AOI-202はウエルネスさんの商品案内を見ました。
説明はまったく判りませんでした。
(引用されているトーマス・サグルー(トマス・サグルー?)さんて有名な方なのでしょうか。これは思いっきりオカルト系に分類されている書籍ですが、違う人なのでしょうかねぇ。)
| K2 | 2007/05/03 5:51 PM |
私は、この水のおかげで持病のぜんそくが起こらなくなりましたよ。

まずは自分で飲んでみて試してみることです。

私は水を飲む方へはこの水を勧めています。

| to | 2010/04/29 2:32 PM |
■■■
toさん、こんにちわ。
K2 です。

ぜんそくが静まったのはなによりです。
toさんが波動の効能書きを付けた水の効果を個人的に信じて飲まれるのは自己責任の上で自由に選択されればよいと思います。
しかし、「効果が有る」と人に勧めたり、主張を通そうとされるなら、波動の実在や効果を証明する責任はあなたにあります。
証明する順番はあなたですし、効果を体感して有ると思うあなたにこそニセモノというレッテルを払拭するチャンスが大きくあります。
もっと上位なのはその水の業者ですけど。

仮に証明する順番では無い私が正しい順序を無視して出向いて試飲したとして、その水がtoさんが飲んで効果があった水と同じ波動が入ってるとか、同じ成分であるとか、toさんはどのように証明しますか?
(証明する方法を言え、という話ではなくて、正しい手順を踏まないと穴だらけになりやすいということです。)

わざわざ時間・費用・手間などのコストを払って出向いて試しても効果が見えない時に「飲み方が問題」とか「量が足りないから」とか「信心が弱い」とか「以前は効いた」といったインチキ宗教かのような文言を言われてもつまらなくてガッカリですし、例え私が何か効果を感じたからといってそれが波動の実在や影響と決まるわけでもありません。

何かを体感・体験したからといって結論づけるのではなく、ソレが本当にソレなのか、そこが探求のスタート地点です。
toさんには当てはまらないかもしれませんが、物理科学や医学や認知心理学などや、オカルト話に付きものの詐欺の歴史といった知識が薄く、しっかりと精査もしないまま何かの変化を関連付けて都合の良いつじつま合わせをしないよう気をつけたいものですね。
| K2 | 2010/04/29 8:11 PM |









http://k2-kxk.jugem.jp/trackback/217