カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
過去の日記
このページについて
サイト「波動注意報」と同じくオカルト系「波動」の有無の議論はしない。
「波動」は無い。
「波動」信奉者の方はこのページを閉じられた方が良いでしょう。
リンク
コメント
トラックバック
カテゴリー
OTHERS
K2もオカルト自体は好きです。 しかし、実証されて無く、証明しようともしないで、それを利用しているとする商売などは不愉快です。
オカルトの中には実際に学校教育の授業に使われていたりと社会的な危険を含んでる物もあります。
微力ながら注意を呼びかけていきたいと思っています。
同じような気持ちをお持ちの方はお手数をかけますがランキングアップでこのページの知名度を上げるためにも↓↓↓クリックをお願いします。
m(. _ .)m
ブログはここに集まる!
ブログランキング・にほんブログ村へ
週刊ブログランキング週間ブログランキング くつろぐ
人気ブログランキング
人気Blogランキングへ
科学の不思議が詰まってる!
科学技術番組 サイエンスチャンネル
「波動」に対して注意報を出します。
オカルト系「波動」反対サイト「波動注意報」へ

≪迷惑メール通報先≫
表示義務違反及び送信者偽装 情報受付メールアドレス
meiwaku@dekyo.or.jp

再送信禁止義務違反 情報受付メールアドレス
saisoushin-kinshi@nissankyo.jp
無料ブログ作成サービス JUGEM

星になれ! - 波動注意報 -

「波動注意報」管理者 K2 の日記。サブタイトルとしてこちらにも「波動注意報」と入れたが、「波動批判」に限らずいろんな話を書いてみようと思う。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
言霊とエノキ
毎日jp(毎日新聞)
『25時:言霊とミカン /宮崎』
「ミカンに「ありがとう」「死ね」と話し掛け、変化の有無を観察する「言霊(ことだま)大実験」が昨秋、県南地域の中学校であった。言葉の大切さを考える道徳学習だという。

 対象はビンに入れた3個のミカン。約2カ月後、生徒から悪い意味の言葉を掛けられた方が腐り始めた。良い言葉の方は変化なし。発案した教諭、そして多くの生徒が「言葉が伝わったのでは」と思ったという。」

なんという波動注意報並実験。
相変わらず細々と、いや、元気(?)に「声かけ」が生き残ってるんだなぁ。


ドライ・エノキ(干しエノキ)が旨い。
酒に柚子コショウを溶いて、洗ってほぐしたエノキを10分ほど漬け込む。
エノキをざるにあげて水分を切る。
漬け込んだことでエノキがヘニョヘニョになってちょっと心配になるが気にしないで干し網に入れて数日間干す。
カラカラに水分が飛んでスルメのようなルックスになったら完成。
生のまま食べられる。
というより生でしか食べた事が無い。

味はスルメ?
ん〜、、、スルメというより貝っぽい?
貝というか、、、やっぱりエノキかな〜。
という感じ。
柚子コショウがピリッと効いて旨くてパクパク食べてしまう。
グビグビ酒が進んでしまう。

やはり、干してる間に頻繁に「旨くなれ!」と「声かけ」した言霊効果が出てるようだ。
そんなことした覚えはまったくないが。


ところで「言霊実験」などしても正しい成果はでません。
なぜならわたしが数年前から全世界に向かって「声かけ」実験の邪魔になる「声かけ」をしてるから。
音声が届かなくても「言葉に込められた心の波動」が世界を駆け巡ります。
その波動は、発した一秒間に地球を回って後方から7回伝わってくるほど人類史上比類なき強力さです。
わたしが寝てようが、死のうが、世界に放たれた心の波動は消えることもありません。
(こうなると「声かけ」というより「呪い」ですよ。)

したがって「ミカン」に対してだろうが、「ごはん」にだろうが、「卵ボーロ」にだろうが、「水や酒」にだろうが、バンクーバーの「雪や氷」にだろうが、「声かけ」しても無駄です。
世界全体に響き渡って刻み込まれた強力なわたしの心の波動が上書きをしてしまうので、なんらかの「声かけ」をして言霊の成果が出てるように思えてもそれはすべてアナタの勘違い。


どうですかぁ! やってやりましたよ、言った者勝ちを。
エノキをつまみに酒が進みすぎて何を書いてるのかさえ、よくわからんですよ。




オカルト系「波動」反対サイト「波動注意報」へ
| 波動 | 22:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
心惹かれないように
NHKニュース
『薬事法違反の疑い 強制捜査へ』
「福岡市の健康器具販売会社が、電気で振動させた「波動水」という水を飲めば病気が治ると装い電気器具を販売していた疑いが強まったとして、福岡県警察本部は、薬事法違反の疑いで強制捜査に乗り出す方針です。」

こういったオカルト・ニセ科学系で、ビジネスに関わり旨味をたっぷり知ってる人も、心底信じていて自分の判断を絶対視してる様な人も、どちらにしても非常に往生際の悪い場合があるものです。
巧妙に姿とやり口を変えて、あるいは都合の良い話を持ち出し正当化したり、いつまでも誤魔化し粘り続けていくかもしれませんから気をつけましょう。


それにしても先ほどから背後に感じる、この心惹かれる黄色い波動は何だ?
茶色はスジャータのミルク容器だ。
むむ!
なるほどカレーが晩飯か!
その波動を拒むことはできん!!
| 波動 | 19:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
8割が寝る

asahi.com
『演奏中の居眠り大歓迎 大阪で「睡眠コンサート」』
居眠り大歓迎の「睡眠コンサート」が25日、大阪市北区の市中央公会堂で開かれた。眠りと脳波の関係を探ろうと、日本睡眠学会が企画した。ピアノや声楽の26曲が演奏され、一部の人の脳波を測る試みもあった。

観客の8割が寝たというのだからよほど心地良かったのだろう。

久しぶりにマンガ「美味しんぼ」を読む。
100巻越えにもなると絵柄も変わって主人公 山岡もずいぶんと四角い顔になってきたものだ。

101巻 「食の安全」では、食品偽造問題、中国食材問題から始まり、添加物の専門家 安部 司さんによる清涼飲料水やカップラーメン、コンビニなどのお弁当類など安易に食品添加物が氾濫する実情を描いている。
そこで山岡たちが日本各地の誠実・真面目に食を追求する食品関係業者を取材で訪れ日本の食に希望の光を見出していくという流れだ。

確か、安部 司さんは以前「博士も知らないニッポンのウラ 食品のウラ」で美味しんぼに描かれているのと同じく清涼飲料水やインスタント・ラーメンのスープを食品添加物を加えて作りあげる実演をしてたと思う。

■ 美味しんぼ 101巻 「食の安全 <6>」P176〜177
植松勝太郎(ヤマヒサ代表取締役)
山岡(主人公。現在は主人公引き継ぎのためのお目付役に。)
飛沢(山岡に代わって「究極のメニュー」作りを続けていく若き次世代主人公(?))
難波(飛沢の同期。政治部)

※ 無農薬、有機栽培の国産大豆を使った有機醤油のヤマヒサ醤油のもろみ蔵にて、

飛沢「蔵全体に音楽が流れていますね・・・」
植松「音楽を聞かせるといいもろみに育つというのでね。」
   「醤油は日本古来のものだから琴の音楽を聞かせているんです。」
難波「もろみにかける思いの深さがわかるで。」

おいっ!
そこはいつもの山岡節でツッコミを入れろよ!!

今まで事あるごとに、アメリカだの、オーストラリアだの、日本政府だのといった国家に、あるいは不誠実・非常識なスタンスの食品・調理関係者などに、

「利益追求のため、根拠も示さないまま正当性を謳い、傲慢に押し通して消費者を騙す薄汚い連中ども!」

などといった毒を吐いてきたのに、醸造関係によく登場する胡散臭い音楽ネタを脇役キャラでサラッと流すんじゃないってーの。

ヤマヒサでは子守歌を流しているという話もある。
麹菌が人間と同じ感性をもってると妄想するなら8割は寝てしまいそうだぞ。

| 波動 | 00:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
ラバーで健康
asahi.com
『バイオラバー「がん治る」と販売 薬事法違反の恐れ』
高速水着素材の開発などで知られるゴム素材メーカー「山本化学工業」(本社・大阪市生野区)の製品「バイオラバー」を使った商品を販売している業者が、「がんが治る」などと効能をうたっていたことが朝日新聞の調べで分かった。バイオラバーは厚生労働相の承認を受けておらず、専門家によるとこうした販売行為は薬事法に違反する恐れがあるという。捜査当局も販売の実態を調べている。

記事の画像と同じ商品はこちらかな〜。

バイオコースター

出たな!
何度でも甦る不死身の「敷いたら味変わる」妖怪!!
何に対しても「まろやか」になれば良いというワケでもないだろうに。

では早速コースター実験を、と探すがめぼしいラバーが見つからない。
仕方ないので昔もらって今は記憶と押し入れの奥にしまい込んでる四十八手ハンカチをコースター代わりにするかと思って探したがこれも見つからない。

う〜ん、、、おっ、そうだ!
そう言えば川崎市のツチノコ祭で買った 珍満手ぬぐい があった!
ペプシ「あずき味」を置いてみる。
もちろん別の場所にも一本あって飲み比べる。



ラバーじゃないけど、Loverな愛の味に変貌しそうじゃないですか〜。
ちと生臭くなりそうな気もするけど。。。

ついでに冷蔵庫の奥で遺跡と化してたカピカピのカマンベール・チーズをつまみに出す。
オマケにHDDの奥で苔むしてた「SMAP×SMAP(8月31日放送)」の録画を観る。
ビストロSMAPのゲストは自称 超能リキ者のユリ・ゲラー。

20年以上前ならまだともかく最近になってもユリ・ゲラーの超能力、あるいはテレビのユリ・ゲラーの言葉に触発されて突如能力が開花しスプーンなどを曲げまくった家族がいたと言う知り合いの知り合いの話、などをそのまま超能力だと信じてる人を見かけると驚く。
まぁ、信じてる人は思いがけず多そうな気もするけど。
つーか、自分の家族内でも曲がったと言う話が出てたよなぁ〜、と当時を思い出して遠い目になったりもする。
その曲がったスプーンに床の色がこびりついてた! ってのは、超能リキ少年の話か。

なんつーか、ユリ・ゲラーのネタも化石のようだね。
こいつも何度でも甦る妖怪だ。

2本のペプシを飲み比べても珍満コースターの効果はさっぱりわからないが、「あずき味」は「シソ味」よりはずっと美味しい。
カピカピになってた遺跡並のカマンベール・チーズは足の裏臭かった。
| 波動 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
「波動・情報転写による効果・性能をうたった商品」

先日、たまたま通りで目に付いたので、笑い話のネタ用、冷やかし、として知り合い数人でピンクや赤、青、紫など彩り豊かな商品でちりばめられた子供向けでは無い玩具店に入った。

さまざまな商品の工夫を凝らしたギミックを目で堪能。

「波動トルマリング」の”拡散波動エネルギー”うんぬんの効能書きに苦笑、「亀頭園 お〜いローション」で爆笑した。


東京くらしWEB
(悪質商法、架空請求などの契約トラブルや商品・サービスの安全性など消費生活の東京都の情報サイト)
『「波動・情報転写による効果・性能をうたった商品」の表示に関する科学的視点からの調査結果について』

kikulogさんやArchivesさんで取り上げられていて知りました。
子供向きでは無い玩具店で、諸事情によりどうしても波動商品の効能に目が向き手が出てしまう人は上記サイトを参考に検討してみてください。
子供向きでは無い玩具以外の波動商品でも、もちろん。


kikulog
『波動には根拠がないよ(東京都生活文化スポーツ局)』


Archives
『波動に根拠はありません:東京都による波動関連商品の調査結果』

| 波動 | 19:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
魚釣りって、まずは人間が釣具屋に釣られるんだよなぁ
FNN(フジニュースネットワーク)
『神奈川・秦野市の酒蔵でモーツァルトの曲を流す変わった酒造りが行われています。』

「神奈川・秦野市の酒蔵で、モーツァルトの曲を流す、ちょっと変わった酒造りが行われています。」


以前知り合いから頂いた「樽貯蔵焼酎 田苑ゴールド」の田苑酒造では、発酵タンクや貯蔵の樽にスピーカーを取り付けて音楽を流していた。
金井酒造では、麹室(こうじむろ)にスピーカーを設置して麹菌に対して音楽を流してるのだそうだ。
どちらもお酒のまろやかさやコクをアピールしている。
(金井酒造の場合はニュース動画で”角の取れたまろやかな味になる”と説明されている。)

動画配信サイト ミランカで配信されている「博士も知らないニッポンのウラ」の第36回でゲストの脳機能学・認知心理学者 苫米地英人 氏が語った「悪魔の正体」が頭をよぎる。
簡単に説明すると、(遺伝子レベルで、)心地よさを追求した音(音楽)がクラシック(もしくはそれを源流とする音楽)で「天使側」、心地悪さ(恐怖)を追求した音(音楽)が「悪魔側」、そのように遺伝子レベルで逃れようのない恐怖を引きずりだす能力を持つ人を悪魔と定義する、という話。

む〜、誰か「悪魔側」の音(音楽)で酒を造ってくれんかな。
まろやかな酒はそれはそれでいいのだけど、まろやかなら何よりも良いという事でもないでしょ。
まろやかじゃなく、角が立ちまくりでガツンと来る酒もそれはそれで良さそうじゃないですか。

いやいや、そう言えばこの酒造りの話は人間がどうの、じゃなかったな。
麹菌がどう感じるかだった。
知らん。
| 波動 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日のミヤネ屋
明日(水曜日)の情報ライブ ミヤネ屋で「水からの伝言」ネタを扱うようですね。

「◎校長達が教える仰天科学“水は言葉がわかる”の波紋」

Doblog - さまき隊的仕事と遊び -
8日(水)の「ミヤネ屋」にちょっと顔を出す予定

kikulog
水伝@ミヤネ屋(明日) :: ニセ科学,水からの伝言

「▽大ブームの血液型本…背景には?」の回よりしっかりした取り上げ方だとよいですね〜。

追記
2008年10月8日 ミヤネ屋
----------
『科学的根拠が無い話がなぜ小中学校の教育現場で使われているのか?
2006年度以降、「水の結晶」の話を教育的に用いた26の学校に対し、我々は目的と科学的根拠を聞いた。
すると、ほとんどの学校は目的は道徳教育だと言うものの、科学的根拠はわからない、という答えばかりだった。』

『本の著者 江本 氏側の資料によると女性校長会には100人以上が出席。水の結晶の話が語られたのち、あの結晶の写真などが載った子ども向けの絵本に注文が殺到。7000冊が無料で配られたという。』

『我々は、この校長会の代表者に取材を申し入れた。すると一通の書面が届いた。「個人としまして取材はお断り申し上げます。」』
『さらに、自治体の教育委員会にも取材を申し込んだが、取材には答えないと言う。我々は取材に応じない理由を再度質問したが答えはなかった。』

『各所に波紋を広げた「水からの伝言」。
著者は水に波動エネルギーを記憶させ、その水を飲むことで1万人以上の病気を治したとも語っている。
その科学的根拠とは?
寄せられた批判をどう受け止めているのか、著者に取材を申し入れた。
だが、江本氏側は取材を辞退すると回答した。すでに公開、発売されている本やビデオが主張だという。』
----------
| 波動 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
いにしえより伝わりし・・・
TBS News i
『 無許可飼育、「陰陽師」夫婦を書類送検 』

「儀式に使っていたのは無許可で飼育していたオオアナコンダやワニガメ。自称・陰陽師の男とその妻が警察に摘発されました。」
「この自称・陰陽師の男らは、ほかにも市販の飲料水のラベルをはがし、その上から「陰陽神水」などと書いたシールを貼り付け、ネットを通じて1本500円で販売。」


ニュース動画を観てるとところどこで「ポジティブな波動」だの「宇宙の波動」だのと文字が見える。
そこで陰陽師のサイトを見てみる。

陰陽道 陰陽會

「表紙へ」→「授与品」→「陰陽神水」

陰陽神水は、愛と調和のエネルギーである宇宙の波動を取り込んだ水なので、身体の波動のレベルアップを促します。少しずつネガティブを打ち砕き、よりポジティブなエメルギーへと変化させることが可能です。

☆宇宙エネルギーの補充に!  ☆美容に、健康に!  
☆食品の浄化に!       ☆理想のプロポーション作りに!
☆身体の波動の向上に!    ☆夫婦、家族の調和に!
その他様々な事柄の改善が期待できます!



ほほぉ〜、物理性に、社会性に、どこに必要でいつのまにどれだけ足りなくなったのかもよくわからないエネルギーに、と様々な事柄に効果を発揮する万能性が魅力の商品のようですね。
万能性と絶大な効力に期待したいところです。
その陰陽神水を利用するとオカルト波動ビジネスの広がりが止まったりしませんかね?
7000冊の波動絡みの絵本を発注した教育関係者が「私のバカバカバカ!!」と間違いに気づいたりしますか?
それとも、摘発されたのでオオアナコンダは無理でしょうが、東京都葛飾区の公園にいるマスクラットを式神として使ってなんとかできないッスかね〜?


どこかで見たような話ばかりがごった煮のように満載でもうかったるくて読む気がネガティブですよ。
「陰陽道とは? 陰陽師とは?」を見てみる。

「真の陰陽道とは悪しきものを良きものへと変換させ、ますます光を大きくさせる方法であり、真の陰陽師とは、それを自在に操り、確実に光へと導くことの出来る者のことを言うのです。」

市販飲料水を陰陽神水のラベルに張り替えるのが『変換』なのかもしれんなぁ。
そりゃ、自在だろうよ。
さすが方術師、いかがわしい光があふれててまぶしいッス。
| 波動 | 00:00 | comments(8) | trackbacks(0) |
回避
7月に行われた関東地区 公立小・中学校女性校長会の『壮快』、、違う、総会での水伝講演の話が出てるね。

ほたるいかの書きつけ
『教育現場に水のメッセージを』(『Hado』9月号)


(この話が本当として、)
まぁ、なんというか、これが問題であるとかどうとか以前に、ごく普通に嗅ぎ分けられるわかりやすい怪しさにまったく気づかない世間知らずな子(たち)、というイメージが浮かんだ。
本当に”子”なら仕方ないかもしれないが。
(それが参加者にどれだけあてはまるかは知らない。実際は多くの人には当てはまらないのかもしれない。)

生徒諸君や生徒でない諸君たちもこういった話を反面教師として、小綺麗な話だったり、胡散臭さい話が多い健康美容系の逸話が付いてたり、設定する手間はさほどかからないが現れる効果は絶大でやたら安易に人間に都合が良かったり、なんとなく有りそうに思えたり心惹かれたりする不思議な話は、ちょっとは疑うクセをつけよう。

ほんの少し疑うだけでも、多少は危険回避に繋がるかもしれない。
(何事からもまったく騙されないというのは難しくても。)


危険は察知してるのだが、どうも家具の特定部位による足の小指攻撃は完全回避できない。
| 波動 | 02:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
聞き上手な酒

そういや知り合いからもらった酒はもう飲んでしまったけど、写真を撮っていたのを思いだしたので発掘してきた。
モーツアルト音楽な酒と書いたけどベートーベン音楽な酒だった。(訂正)

DEN・EN


「DEN・EN gold」
田苑酒造の「おいしさの秘密」→「音楽仕込み」を見ると「音楽熟成振動システム」が説明されている。

「振動は水の分子構造、熟成、酵母菌の活動にも様々な効果があります。」

これが『音楽(音)→機器で振動に変換→振動が微細な攪拌になって熟成の促進が高効率』という話なら、なんとなく有りそうと言えば有りそうな気もする。
しかし、説明を見ると、、、

「酒・食品に対して音楽を聴かせるには「情報を持つ音楽振動」 として感じさせることが必要です。」

「音楽には楽しくなる、リラックスするなど情緒情報が含まれ、曲が変われば情報も変わります。」

「音楽振動には情報が含まれ・バイブレー夕などの単なる物理的振動とは全く異なります。」

う〜ん、、、マクロスか!!
(どこかで見たよう話だが今回はこのツッコミで)
そういや、初代マクロスの頃は宇宙空間でどうやって音楽が伝わっているという設定だったか。
初代から波動なノリだったのかな?

「しかし、酒や食品は聴覚も大脳もないので、人間と同じ方法で音楽を聴かせても音楽は分からないし効果もありません。酒・食品にも理解できる音楽の聴かせ方が必要です。」

自分で大脳が無い(処理系が無い)と言ってるのに音楽(音)だと理解できないが振動だと理解できるって話が理解できない。
まぁ、99の謎のひとつなのかもしれない、知らん。


※ 写真奥は本物の酒だが、手前はお茶というインチキ写真。
| 波動 | 21:57 | comments(6) | trackbacks(0) |