カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
過去の日記
このページについて
サイト「波動注意報」と同じくオカルト系「波動」の有無の議論はしない。
「波動」は無い。
「波動」信奉者の方はこのページを閉じられた方が良いでしょう。
リンク
コメント
トラックバック
カテゴリー
OTHERS
K2もオカルト自体は好きです。 しかし、実証されて無く、証明しようともしないで、それを利用しているとする商売などは不愉快です。
オカルトの中には実際に学校教育の授業に使われていたりと社会的な危険を含んでる物もあります。
微力ながら注意を呼びかけていきたいと思っています。
同じような気持ちをお持ちの方はお手数をかけますがランキングアップでこのページの知名度を上げるためにも↓↓↓クリックをお願いします。
m(. _ .)m
ブログはここに集まる!
ブログランキング・にほんブログ村へ
週刊ブログランキング週間ブログランキング くつろぐ
人気ブログランキング
人気Blogランキングへ
科学の不思議が詰まってる!
科学技術番組 サイエンスチャンネル
「波動」に対して注意報を出します。
オカルト系「波動」反対サイト「波動注意報」へ

≪迷惑メール通報先≫
表示義務違反及び送信者偽装 情報受付メールアドレス
meiwaku@dekyo.or.jp

再送信禁止義務違反 情報受付メールアドレス
saisoushin-kinshi@nissankyo.jp
無料ブログ作成サービス JUGEM

星になれ! - 波動注意報 -

「波動注意報」管理者 K2 の日記。サブタイトルとしてこちらにも「波動注意報」と入れたが、「波動批判」に限らずいろんな話を書いてみようと思う。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ドキドキ、ワクワク

YOMIURI ONLINE(読売新聞)
『暗闇50年、ハエ「進化」…1400世代飼育』
「ショウジョウバエを50年以上、約1400世代にわたって真っ暗な中で飼い続けると、姿や生殖行動などに変化が起きることが、京都大の研究でわかった。」

こういう記事を見てその長く地道な作業を想像すると、高層ビルの上から地面を見おろすかのような高さを感じてワクワクする。
すんごいね。


47NEWS(よんななニュース)
『2011年に宇宙の旅実現へ 民間宇宙船を公開』
「【モハーベ砂漠(米カリフォルニア州)共同】民間宇宙旅行の商業化を目指している英ヴァージン・グループは7日、旅客を乗せて宇宙空間を飛行する宇宙船「スペースシップ2」を米カリフォルニア州モハーベ砂漠で旅行予定者らに初公開した。2011年に宇宙の旅が実現する予定。」


SFドラマの「スタートレック」のシャトルとか、「スターゲイト アトランティス」のパドルジャンパーとかの小型宇宙船を見てると、

「実際、その大きさで大丈夫かよ?」(宇宙空間での気密性などいろいろと)

と思ったりするのだけど、公開された民間宇宙船「スペースシップ 2」も形は違うけど結構小さいね。
ドラマの小型宇宙船と違って多彩なミッションをこなす必要は無いのだけど、

「実際、大丈夫かよ?」

自分がこれに乗るならドキドキ感抜群ですよ。

| 科学 | 18:41 | comments(4) | trackbacks(0) |
ニセ科学フォーラム 2009

今回は大阪での開催ということで参加できなかった。
今年こそ久しぶりに参加したいと思ってたし、山形大学の天羽さんの講演を観てみたかったので少し残念。
ま〜、そのうちまた機会が来るでしょ〜。

左巻さんの『samakitaの今日もガハハ』で知ったのだけど、ニセ科学フォーラムの模様がMBS 毎日放送のニュース番組『VOiCE』で放送されてますね。
YouTubeの方で観れます。

YouTube
「VOICE ニセ科学」

| 科学 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
「再び」

2009年11月09日
マイコミジャーナル
『JAXA、小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジンに異常を確認』


2009年11月19日
マイコミジャーナル
『エンジン停止の小惑星探査機「はやぶさ」 - 再び地球を目指して運用を再開』


はやぶさファンにはゾクゾクくる鳥肌モノの発表ですね。
全然安心とは言えないけど、ひとまず彼方此方で歓声があがってそうです。
ちなみにイオンエンジンのトラブルであって、決して『マイナスイオン不足』が原因ではありません。(笑)

| 科学 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Astropulse
PCの空き時間を利用して地球外知的生命体探索に協力するSETI@homeも地道ぃ〜〜に続けている。
SETI@homeは、電波望遠鏡で宇宙からの電波を受信し、その受信データを細切れにして世界中のPCに配付し解析して、地球外知的生命体の発する信号の発見を目指す分散コンピューティング・プロジェクトだ。

やっと「Astropulse」のワークユニットが送られてきた。
話には聞いてたけど来るまでが長かったな〜。
SETI@homeのワークユニットはいつも通りに来てたけど、ランダムなのか条件があるのかAstropulseは今まで送られてこなかった。
AstropulseはこれまでのSETI@homeとは違う周波数帯域の解析なので簡単に言えば探索範囲が広がるということになる。
それによって地球外知的生命の発見の可能性が高まる、、、ような気がする、と言ったところ。

解析開始後に分散コンピューティング マネージャーソフト BOINCのタスクを見ると、なんとワークユニット解析完了予想時間 43時間!!
ぐは〜。
二桁の数字を見るとPC性能も低くBOINCマネージャーなどまだ無いクラシック版 SETI@home開始初期の頃を思い出す。
もっとも当時でも40時間を越えたりはしなかったように思うけど。
通常SETI@homeのワークユニットの解析ならうちのPCで1〜4時間程度だ。

夏場のPCトラブル時に修理するか新たにPCを組むのか迷って今回はOS入れ直しを嫌いPC環境の復帰を中心に考えて修理したのだけど、こんな数字を見るとSETI@homeの解析に限らず近い将来PCを新しく組んで処理速度を上げる必要が出てくるだろうと感じる。

SETIの解析速度のみで考えるなら、速度のアップする最適化クライアントも入れずにノーマルのままにしてる程度なので当面はこのままでも良しとする。
最適化クライアントに入れ替えないのはノーマルと違って解析グラフィックが表示されなくなるようだったから。
解析グラフィックを見る頻度は低いし見ても何かを発見したりするわけじゃないのでほぼ関係無いのだけど時々チラッと見たかったりする。

もちろん処理速度を上げた方が地球外知的生命探索への貢献度はアップするのだけど、まぁ、ホイッと発見できるような事でも無いと思うので実績より気分重視での参加だ。


Astropulseワークユニット解析開始から17時間ほど経ったが解析進捗状況は17%。
これって完了の100%には100時間程度かかるってことだよなぁ。
依然として完了予想時間は43〜44時間と表示してる。(多少変動する)
予想が外れすぎだぞ〜。
| 科学 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニセ科学フォーラム2007
去年参加したニセ科学フォーラムが今年も開催される。
内容はもちろんのこと、軽快なトークが楽しいので今回も参加したいけど、う〜ん、スケジュールの都合がどうなるか。。。
| 科学 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
実験キット
technobahn
『 今では考えられないおもちゃ「原子力エネルギー実験キット」』


うわっ、これ欲し、、、くはないかなぁ。
欲しくはないけど昔はすごい実験キットが売ってたんだねぇ。
原子キノコ雲発生キットじゃないだけマシだけど。
危険性は無いと書かれているが劣化ウランを投げつけられるとイヤだなぁ。
片付けが適当で部屋中にポロポロ落ちていて歩くと足で踏みつけてしまうのもイヤだ。


これよりは 「大人の科学」 のキットの方が欲しい。

宇宙創造キットとかキクチ製 ニセ科学判別キットも欲しいけど。
| 科学 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
宇宙に浮かぶ
technobahn
『 宇宙飛行士がカメラを宇宙に置き忘れ 』
「サニータ・ウィリアム宇宙飛行士が国際宇宙ステーション建設のための船外活動中に携帯していたカメラを宇宙空間に置き忘れ、カメラはそのまま無重力の宇宙空間の彼方へと飛び去ってしまった。」


オイオイ、カメラぐらいストラップなりカールコードなりで繋いでおけよ!
動画(YouTube)を見てみると、宇宙飛行士のそばからクルクルと飛んでってる。
宇宙空間でデジタルカメラだと降り注ぐ宇宙線の影響でCCDの画素が毎日ドンドン欠けていくのだろうか。
穴だらけの画像しか撮れなくなってしまって「販売終了機種だし、もうどうでもいい!」って気分だったのかもしれない。
(それなら船外に持ち出すな〜。)

デジカメの機種を調べてみると市販製品と同等ではあるけど、宇宙ステーション計画に正式に採用されたものらしい。
う〜む、宇宙線にも温度にも強いのかなぁ。
(宇宙線にはどうかと思うが。)
つーか、それならなおさら飛んでいくような扱い方はマズイだろ。
宇宙飛行士の個人的な趣味かと思ったよ。

『 船外に持ち出すのは規則的にマズイぞ。』
『 た、頼むよ、一枚だけ撮らせてくれ。夢だったんだ、そのためにオレは宇宙飛行士に… 』

デジカメが宇宙を飛んでる間に他の国の衛星などに激突して、調べてみると宇宙ステーションでの乱痴気騒ぎの写真とかが写ってたりして。
| 科学 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
真の姿
YOMIURI ONLINE
『 人間住める惑星探せ!仏が探査衛星打ち上げ 』
「【パリ=島崎雅夫】太陽系の外にあって人間居住に適した惑星を約2年半にわたり探査するフランスの人工衛星「コロー」が27日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。」


約12万個の恒星を観測して、ガス状では無い地球型惑星を190個以上発見できるとの予測らしい。
人間の居住可能な惑星を探すとのことだが4000万光年も離れているから将来地球を捨てて移住するにしても大変なことになりそうだ。
SF作品のように巨大な宇宙船で何世代にも渡って生活しながらの移動だ。
SFだと完全自律コンピュータ制御の宇宙船の中にごく普通の街並みがあり、何世代もたつうちに宇宙船で移動しているという情報も失われて外界を知らないまま生活していたりする。
主人公がある事件に巻き込まれたことをキッカケに世界の謎を徐々に解き明かしていくといった展開。

K2が謎に迫っている主人公なら、
「宇宙船で何世代も普通に暮らしていけたから、惑星に移住しなくてもいいような。。。」
と思うかもしれん。
宇宙船の中での正月で集まった連中に、
「ホントはね、この世界は宇宙船の中なんだよ。宇宙を移動しているんだよ。」
と話して、
「正月そうそう、このオカルトが!」
と馬鹿にされるのかもしれん。

そうだ!妄想している場合じゃない。正月だ!
今日は朝から買い出しとおせち料理を作ることに追われていてねぇ。
炊飯器焼き豚(煮豚)、松前漬け、雑煮(汁)、きんぴら、を作っている最中だ。
めんどくせ。
こうしてキーボードを打っている間もコタツに入ってぬくぬくとしている連中からの「食い物は?」という視線が突き刺さる。
めんどくせ。
料理が完成したら年が明けるまでじっくり世界の真の姿について語ってあげよう、にひひ。

さて、炊飯器焼き豚(煮豚)ができあがるまで、「サイキック・マフィア」でも読みますか。
(コタツの連中:「食い物!!」)
| 科学 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
イカ焼き
asahi.com
『 ダイオウイカの生きた姿をビデオ撮影 国立科学博物館 』
「欧米で「海の魔獣」と呼ばれるダイオウイカの生きた姿をビデオ撮影することに成功したと、国立科学博物館の窪寺恒己・動物第三研究室長が22日、発表した。小笠原諸島近海で、調査用の仕掛け針にかかったのを引き揚げた。これまで死体が海岸に打ち上げられた例などはあるが、生きた姿を撮影したのは世界で初めてとみられる。」


お〜〜、海の魔獣!
記憶には巨大なイカがクジラと格闘しているイラストのイメージが浮かぶ。
そういえば、去年あたりにイカの夜釣りが好きな知り合いに、
「時々やけに分厚いイカフライがあるが、あれはダイオウイカか?」
と聞かれたことがある。

知らん。

いや、ダイオウイカでは無い、、、ハズ。
(沖縄のコブシメ?じゃないよねぇ〜?う〜ん、、、コピー食品かも。)
記憶の中のイラストのイメージから考えるとそのイカフライがダイオウイカなら横幅を考慮した切り方では無く、縦の厚みを考慮した切り方をしたものになるだろう。
祭りの屋台でダイオウイカのイカ焼きなんか作ろうものなら隣の隣の屋台の鉄板まで足が伸びてるだろう。

なんて妄想しながら写真を見てみるとデカイことはデカイが、う〜ん、クジラと格闘はできそうにないなぁ。
でも、海中でこのイカに絡まれたら溺れるな。
目玉の大きさが14センチとはデカイなぁ。
さぞかしトンビもデカイのだろう。
(ダイオウイカ一夜干しのトンビをちょっと食べてみたい。一夜じゃ無理か。)

18メートルものダイオウイカもいるようだからそのクラスならクジラとも格闘できるのかもしれない。
祭りなら片側はイカ焼きの屋台だけ、ということになりそうだ。
| 科学 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
溶ける
asahi.com
『 北極の氷、2040年に消滅? 溶ける速度が4倍に 』
「地球温暖化の影響で、2040年夏には北極海の氷がほとんど消えてしまうかもしれない――こんな試算を米国立大気研究センター(NCAR)などのチームがまとめ、12日付の米国地球物理学連合の学会誌に発表した。温暖化の速度については様々な研究があるが、このチームは影響が出る時期を間近に見積もった形だ。」


あぅ、映画「デイ・アフター・トゥモロー」のように氷河期になりそうだ。
(地球の温暖化によって極地の氷が溶け出し、その水で海水の塩分濃度が変化して暖かな海流の動きが止まり氷河期になっていくという話。ディスカバリーチャンネルでも同じ話を見たな。理論の真偽は知らん。)

南極の方も同じなら皆揃って水上生活だ。
マンション型の巨大水上住居もできるのだろうなぁ。
大林組あたりがすぐに提案するぞ、きっと。
わずかに残った高地の周りに繋がって浮かんでいて、世界的にフィッシング趣味が大流行になるに違いない。

「昨日、新埼玉県 大宮埠頭から投げ釣りでマグロ釣れたよ〜。」
「おぉ〜、漁獲量削減で高いから良かったね〜。」

とか。
氷河期だったらそれどころじゃないけど。
| 科学 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |